住宅ローンが払えない・借金問題でお悩みなら大阪市淀川区で活動する司法書士いまよし事務所の「大阪住宅ローン返済・債務整理相談室」へご相談ください。

過払い金返還請求の流れ

過払金返還請求の流れ

過払金返還請求手続きの流れ

-ご相談-
 まずは、お電話もしくはメールにてご予約下さい。
 初回相談は60分ほど、相談料は無料です。

-委任契約-
 司法書士との間で過払い金返還請求に関する委任契約を結びます。

-受任通知発送-
 司法書士は委任を受けたことを債権者に通知します。
 通知を受けた貸金業者は、正当な理由なく取り立て行為をすることはできなくなります。
 (但し、友人知人の借金や勤務先の借金、ヤミ金融など一定の場合は取立が止まらない
 ことがあります。)
 借金返済は一旦停止していただきます。
 水光熱費、電話代などの生活費は継続して支払って下さい。
 新たな借入はしないで下さい。
 定期預金や保険の解約、財産の処分もしないで下さい。

-債権調査、引直し計算-
 依頼者の方で支払の通帳やATMの明細などが残っている場合には、
 開示された取引履歴と照合します。この時点で過払い金があれば回収します。
 受任段階で方針が定まっていない場合は債権調査後に方針決定します。

-過払い金返還請求-
 140万円以内であれば司法書士が代理人として返還請求交渉をします。
 和解するかどうかは依頼者と打ち合わせ後決定します。
 安易に業者からの低次元の和解金額に妥協しないほうが良いでしょう。

-過払金返還請求訴訟-
 任意の返還が見込めない場合、依頼者と相談の上で訴訟をするかどうかを決定します。
 簡易裁判所での訴訟代理もしくは、本人訴訟支援により訴訟遂行。
 過払い金を回収できた場合は報酬、費用清算後、残額をお返しいたします。

通常の債務整理をしたときに、一部の業者は過払いに、残りは債務が残る場合は、過払い金を回収した上で、残債務をどう整理すればよいかを検討することになります。
たとえば、回収した過払い金で他の残債務を返済できるのであれば任意整理で返済する。
過払い金を回収しても残りの債務を返済できないようであれば、
個人再生自己破産を考える。と言う感じです。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional