住宅ローンが払えない・借金問題でお悩みなら大阪市淀川区で活動する司法書士いまよし事務所の「大阪住宅ローン返済・債務整理相談室」へご相談ください。

個人再生をした後に返済できなくなったら(ハードシップ免責)

個人再生をした後に返済できなくなったら

再生計画が遂行困難になったとき

再生計画に沿って返済を続けてきたものの、何らかの事情で返済が困難になってしまった場合
どうすればよいのでしょうか。
まず、要件を満たせば最長2年の期間延長を申し立てることができます。

再度、個人再生を申し立てるという方法もあります。
破産(自己破産)申立ても検討するべきですが、破産申立てができるかどうかは、
再生計画には期限の利益喪失条項がないことから、支払い不能の状態にあるかどうかの判断が難しい面があるようです。

ハードシップ免責

期間延長をしても返済が困難である場合、一定要件を満たせば残存債務を免除してもらう制度がハードシップ免責という制度です。

  • 再生債務者が、その責めに帰することができない事由により再生計画を遂行することが極めて困難となったこと

  • 再生計画における各債権につき、その4分の3以上の額の弁済を終えていること

  • 免責の決定をすることが再生債権者の一般の利益(破産手続きによって得られる利益)に反するものでないこと

  • 再生計画の変更をすることが極めて困難であること

免責が認められれば、残債務は支払い義務を免除されます。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional