住宅ローンが払えない・借金問題でお悩みなら大阪市淀川区で活動する司法書士いまよし事務所の「大阪住宅ローン返済・債務整理相談室」へご相談ください。

個人再生での返済額はいくら?(清算価値保障と最低弁済額)

個人再生での返済額はいくら?( 清算価値保障と最低弁済額

清算価値保障の原則

自己破産をした場合、一定の財産は換価され債権者への配当に充てられること【財産の清算】は説明しました。
個人再生手続の場合はどうでしょうか。

個人再生は清算型の整理手段ではありませんから財産を換価するという作業自体はありません。
そのかわり、債権者への弁済額は最低限、自己破産した場合に債権者に配当されるであろう財産価値分の金額は満たす必要があります。これが清算価値保障です。

まとめると、

個人再生は債務を大幅にカットできるし、財産を手放さなくてもよいが、
法定の弁済基準額 (小規模個人再生の基準額) (給与所得者等再生の基準額)か換価財産分の金額以上は弁済しなければならない」ということです

換価価値が問題となる財産

  • 不動産
  • 自動車
  • 生命保険等解約返戻金
  • 退職金
  • 定期預金など
  • 保証金・敷金返還請求権
  • 過払い金
  • 現金
  • その他動産や債権などの財産

それぞれの財産の価格を算出し、その合計金額と
法定弁済基準額 (小規模個人再生の基準額)(給与所得者等再生の基準額)の高い方を弁済額とします。

財産の価格を計算するため、それぞれの証明書をご提出いただきます。
(保険会社作成の解約返戻金証明書・勤務先作成の退職金証明書・自動車の査定書など)

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional